ヨガ用語集

当サイトでは、ホットヨガ情報を提供しています。
ア行|カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行ヤ行ラ行

・アーサナ(asana)

ヨガのポーズや「坐法」の意味。
・アートマン(atman)
真我。小宇宙。意識の最も深い内側にある個の根源を意味する。
・アーユルヴェーダ(ayurveda)
インドの伝統的な学問で、その名はサンスクリット語の「アーユス(aayus 生気、生命)」と「ヴェーダ( veda 知識)」の複合語である。近年は、ヨーガ と並んでインド式美容、インド式セラピーの方法論として女性向けの雑誌・エステなどで取り上げられることが多い。
・ヴィシュヌ(Vishnu)
ヴィシュヌ は、ヒンドゥー教の神。 三神一体論では、三つの最高神のひとつで世界を維持する役目があるとされる。
・ヴィンヤーサ(vinyasa)

呼吸と動きを同調させること。

・ヴィシュダ・チャクラ(Vishuddhi chakra)
咽頭部のチャクラ
・ウディヤーナ(vyana)

5つの生命エネルギーの流れの1つ。腹部。

ウパニシャッド(upanisad)
サンスクリット語で書かれた書物で、奥義書と訳される。約200以上ある書物の総称である。
オーム(OM)
バラモン教をはじめとするインドの諸宗教において神聖視される呪文。


Copyright 2006 All Right Reserved. ホットヨガe〜なび